NEWS

新着情報

家づくりサポート事業

2018年04月06日

当方の事務所では、新築、リフォーム共に、積極的に取り組み、その環境を良くすることによって、物理的にも、さらに人の精神的な部分も高めれるような設計を心掛けたいと考えております。

 

    資金計画サポート

住宅ローンの考え方は?どんな借り方が良い?家族の誰がどの程度出資するのか?贈与税や相続税の心配は?など家づくりのお金についての悩みを整理するための専門家によるコンサルティングです。

料金5400円~(税込)1時間ほどです。

 

    建物のボリュームプランの作成(戸建て住宅,賃貸等集合住宅新築)

購入を検討している土地が、極小土地や変形地であったり、斜線制限などの法律が厳しい場合に、その敷地に建てることができる具体的な建物の大きさを確認するために、面積や階数、高さなどのボリュームを作成します。

料金 内容によりお見積もりします。

 

    建物現況調査 ホームインスペクション

2018年4月から宅建業法の改正により注目されております。中古住宅における建物現況調査では,基礎の鉄筋の有無や,建物全体の壁量バランス,外壁の劣化状況などを調査し,建物の劣化,耐震レベルについて説明します。

具体的には、耐震補強の必要性を相談したい方,お住いの住宅に関して建て替えかリフォームを検討されている方、中古住宅の購入を検討されている方 となります。

 

 リフォームを検討されている方は,どこまで耐震補強ができるか,検討している補強方法が適しているか,断熱材やペアガラス導入による省エネの検討、バリアフリー、補助金等の検討などを項目として取り入れて頂けることとなります。また、建て替えとリフォームを迷う方は、調査報告と合わせてオプションの建物ボリュームプラン作成をご利用頂くと建て替えた場合の建物の大きさも確認できます。

 STEP

a)     事前確認 確認申請書類 検査済証 現況図面の確認

     基礎、蟻害、結露、雨漏れの履歴確認等

     (現況図面がない場合は、図面作成を必要。別途料金)

b)現地調査 建物の調査

       建物の調査を行います。

c)結果報告

  建物の劣化状況、耐震レベルなどについて、調査結果書をもとにご説明します。追加で耐震補強案を作成し、補強工事でどの程度耐震補強が可能かの検討もできます。建物の状況によってはより精密な限界耐力計算などを必要とするケースもあります。

 

 料金 現況検査 5万円 図面費用 2-3万円(規模による)(税別)

 

瑕疵保険加入の際は、別途5万円ほど必要ですが,1年か5年保証が付き1000万円ほどの保険が付きます。

 

なお、神戸市の補助制度により、中古住宅の購入時のインスペクションに最大25, 000 円、瑕疵保険加入に37,000円の 補助が 神戸市よりつきます。
 


新着情報 家づくり 資金計画 プラン 調査 助成金 サポート
耐震リフォームを神戸でお考えなら(有)高橋建築事務所へ
関連リンク