NEWS

新着情報

トイレのリフォーム

2017年10月09日

節水型で掃除のしやすい便器や内装リフォームで明るくきれいで清潔な空間に

 


トイレの使用水量を意識したことはありますか
 
一般家庭におけるトイレでの使用水量は生活水の約3割を占めており、最も使用量が多い場所になっています。洗浄水量が約13リットルの便器をまだ使用している家庭が最新の節水型(洗浄水量6l以下)にかえると、年間の光熱費が約12000円節約できます。あわせて便座も保温不要の瞬間式温水洗浄便座にすると、さらに光熱費用がお得になります。
最新のものは、節水型だけでなく掃除がしやすいものなどありますので、最寄りのショールームを利用して違いをみてみましょう。3.8lの節水型トイレも存在します。

 


新着情報 トイレ リフォーム 便器 内装 掃除 光熱費
耐震リフォームを神戸でお考えなら高橋建築設計事務所へ